フレッツテレビの内容を勘違い2009年06月21日 11時55分58秒

フレッツ光を使用してテレビ放送を見るサービスのひとつとしてIPマルチキャストで配信された映像を見る形態があります。

オンデマンドTVなどが行っていたサービスで最近統合されて「ひかりTV」というサービスになっています。 これは繰り返しますが、「IPV6マルチキャスト」で動画を配信します。 私は若干これの開発に絡んでいます。ARMベースのLinuxが動作するSTBです。

写真はオンデマンドTV用の初期のSTBの背面です。端子を見れば分かるとおり、「挿すだけ」なのはLANケーブルとAV系のケーブルになっています。

それに対して「フレッツテレビ」は光ファイバーにテレビの電波と同じ信号を重畳して送る「スカパー!光」と同じサービスです。こちらは「挿すだけ」なのはアンテナに接続するのと同じ同軸ケーブルです。

私自身、調べてみる気にもならなかったので昨日までひかりTVの売り方の違いだと思い込んでいました。

以下、関連情報のリンクです。