beagleboard xM初期起動2011年05月04日 20時16分50秒

beagleboardを入手したものの、電源がなければ起動できません。
プラネックスのHUB用のACアダプタが5Vという表記でスペック的には対応できるはず。しかし・・・


ACアダプタのコネクタの左側のLEDが赤く点灯しています。これは「過電圧」の警告表示です。

電圧を測ると無負荷時ではありますが、9Vありますね。保護回路がついていて良かった。

以下は正常な電源供給状態。HT-03Aの付属のアダプタ経由でDoCoMo用のACアダプタを使ってUSBのMINI-Bコネクタで電源供給しています。
ちなみに、普通のUSBケーブルでWindowsPCと接続すると起動時にPanicで落ちます。Windows側ではドライバがないよ、エラーが出ます。


付属のmicroSDカードでの起動は、起動そのものはできますが、延々とbootとrebootを繰り返す状態です。ログはこちら。このログでは途中でユーザボタンを押すことにより、中断してくれていますが、完全にハングアップしています。要するに、いずれにしても使い物になっていません。レビジョンCはまだ正常に起動できないのか、付属品の不良なのかは切り分けていません。

ちなみに、「犬小屋」をつくるのは手間なので、スペーサ程度は以下のように装着してみました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログでは「組込み」と「組み込み」のどちらを使っている?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumikomi.asablo.jp/blog/2011/05/04/5851767/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。