PENTAX K-30とEOS 60Daの比較2012年11月25日 23時43分55秒

アウトレット品だったPENTAX K-30ボディを入手。レンズがあまりないので望遠鏡直焦点撮影でのテスト。天体写真適性の確認です。

ちょうど同じ日に知人が60Daで同じ地域、同じ時間帯で同じ被写体を撮影していたことがわかり、画像をいただいて比較してみることにしました。


60Da
2012年11月25日 3:16:05~79秒露出、富士ヶ嶺
125mmF5.4ニュートン反射直焦点
EOS 60Da ISO6400
RAWデータをDigitalPhotoProfessionalでデフォルト設定現像
アップロードサイズ制限があるのでリサイズ


K-30
2012年11月25日 3:35:32~210秒露出、朝霧高原
五藤光学ED APO 80mm F8.25直焦点
PENTAX K-30 ISO3200 JPEG撮って出し
60Daの写真と構図をあわせるためにトリミングした後、
同じサイズにリサイズ
本体の設定は以下です。買ってきたままのデフォルトです。
高感度NR:AUTO
長秒時NR:AUTO
カスタムイメージ:鮮やか
D-Range設定:ハイライト補正:AUTO,シャドー補正:AUTO
オートホワイトバランス


以下は比較のために横に並べたところ。

EOS 60Daの方の露出はF値とISO感度まで換算するとK-30の露出の約1.5倍です。

以下はK-30の方の撮影機材。
MARK-X赤道儀と自作コントローラによるキングスレート追尾です。
拡大するとぶれているので追尾は失敗です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログでは「組込み」と「組み込み」のどちらを使っている?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumikomi.asablo.jp/blog/2012/11/25/6648585/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。