モータードライブコントローラとステッピングモータの接続2015年07月07日 23時45分49秒

五藤光学8cm赤道儀用モータードライブ製造で、今回使用するモータはビクセンMT-1とMD-5/MD-6で使われている日本パルスモーター社製です。
モデルとしては同じモータを使っています。
以前に10個購入した物の在庫を使います。

以下の在庫から1個使って製造。
※写真としてはこの日のものではありません。未来です。左に写っているのが完成品のモータードライブです。

モータはタカチMB-1というアルミケースに組み込みます。これはMARK-X赤道儀用で選定した部品で、コントローラ内蔵型のモータードライブとなり、製造過程や方法論も全てMARK-X赤道儀用で開発したやり方です。


配線して駆動確認。問題ありません。
※後日「カタカタ」音が気になって個体を変えますが改善しませんでした。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログでは「組込み」と「組み込み」のどちらを使っている?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumikomi.asablo.jp/blog/2015/07/07/7712244/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。