モータードライブ内蔵用ケース加工2015年07月08日 23時00分33秒

五藤光学MARK-X赤道儀に取り付けるために市販のケースを選定した結果、選んだのがタカチMB-1ですが、モータを取り付ける加工は現物あわせでルータでの穴あけと手動でのドリル穴あけ、テーパーリーマで穴を広げる、ということを行います。




使用するネジはM3の物です。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログでは「組込み」と「組み込み」のどちらを使っている?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kumikomi.asablo.jp/blog/2015/07/08/7712252/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。