OLYMPUSの微ブレについて考える2015年07月12日 00時01分28秒

自分の状況

私は現在カメラメーカとしてはオリンパスを評価しています。 所有しているカメラはPENがE-PM2,E-PL5,E-P5。OM-DがE-M10のみ。 コンデジはXZ-2、SH-1の2台。 要するに計6台もオリンパス機を所有しています。

フィルム一眼レフはニコン、キヤノン、ペンタックスを愛用していて、デジタル一眼になってからはキヤノンを主に使っていましたが、現在はペンタックスに落ち着いています。

撮影する被写体は天体、風景など。「動き物」はメインではありませんが、飛行物(飛行機や鳥)も気付いたときには撮ることがあります。

マイクロフォーサーズ機

マイクロフォーサーズ機のPEN、OM-Dはパナソニックとは違って、全てにボディ内手ブレ補正機能が搭載されています。 純正レンズだけでなく、マウントアダプタ経由でFマウントやらKマウントやらの古いレンズ、BORGなどの望遠鏡を使うときでさえ、手ブレ補正の恩恵を受けることができます。

事の発端

さて、こんなオリンパスのボディ内手ブレ補正ですが、「微ブレ」という問題が注目されることがあります。

昔から写真をやっておられる方は「ブレないシャッター速度」としてレンズの焦点距離との関係を「1/焦点距離」まではブレない。というように覚えているでしょう。 具体的には例えば50mmの標準レンズならば1/50秒まではブレない、という感じです。 ※この場合、焦点距離は35mm換算で考えてください。マイクロフォーサーズの場合はレンズの焦点距離の2倍

なので、広角レンズを使っていて1/250秒のシャッター速度で写真を撮れば「ブレるはずがない」というところが事の発端です。

そう、広角レンズで1/250秒の写真がなんだかシャープに写っていない、ということを価格COMなどで相談される方が結構な数おられるようです。

話をややこしくする人々

ここで話をややこしくする人が大勢いて、問題を別の方向に誘導してしまっているのが現状だと思います。

登場する人は以下の種類。

  1. 「ふつうの人」
  2. 「昔から写真をやっていてカメラには詳しいと思い込んでいるロウガイ」
  3. 「検証マニア」

以上の人種に対して、実際にオリンパス機を使っている人、使っていない人、で組み合わせが増えます。

なので、どの人種がどの立場で意見を言っているのかを判断しないと「真実は見えてこない」というのが実際のところです。

先に結論

先に私の立場と結論を表明しておきましょう。

オリンパスのマイクロフォーサーズ機で普通に写真を撮って、ピクセル等倍で確認する以前になんとなくシャープでない写真が出来上がったのなら、それは「初期不良」、「故障」、(または「失敗写真」)です。

また、同じ条件で手ブレ補正をOFFにしたときの方がキチンと写る、と思われるような症状の場合も「初期不良」や「故障」の可能性があります。ピクセル等倍の話ではないですよ?念のため。

但し、オリンパスも症状を認めている機種の場合は「低振動モード:0秒」という設定がありますのでこのモードに設定しても改善されない場合は故障でしょう。

高画素化したカメラに対する判断ミス

決してピクセル等倍で判断してはいけません。 それは「普通の」判断基準ではありません。 撮影している写真全てについてそんなことをしていたら「時間の無駄」です。

ですから、「検証マニア」の意見は聴く必要はありません。 そこまで「検証」するなら、他の機種でも同じようにやらないといけません。

変にクローズアップされてオリンパスだけの問題のように思われてしまっていますが、高画素化すればするほど、手ブレ、被写体ブレ、ピンボケは顕著に現れるようになります。

例えば1/焦点距離という法則ですが、ものすごく手を動かしながら撮れば成り立たないですし、昔から写真をやっている人は脇を締めてキチンと構えて撮らないと「ブレる」というようなことを主張します。

これは手ブレ補正を使わない時の理屈で、カメラメーカの手ブレ補正の「味付け」がそうなっているとは限りません。

はっきり言って、ピクセル等倍で高画素化したカメラでピクセル等倍で「ブレない」写真は無風、無振動、完全静止物、大気の状態が異常に安定している、などの条件が揃わないとあり得ません。

1/焦点距離の「法則」もピクセル等倍の話ではなく、せいぜい、2L位でプリントする場合の話でしょう。もともと、その程度の法則なんです。

手ブレ補正はキチンと構えない方が良い場合もある

手ブレ補正もキチンと脇を締めないでふらふらして撮った方が「良く効く」場合が多いことも経験しています。 昔ながらの概念でキチンと構えた写真は手ブレ補正アルゴリズム向きとは言えません。それは「三脚と同じ」です。

特にキットレンズの焦点距離範囲では、そうだと思っています。 メーカだって一番売っているレンズの焦点距離範囲での検証を重視していて、「マニア」相手に検証しているわけではないからです。

写真は撮ってなんぼ

最近はE-PM2でM.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm F4.8-6.7IIを使って太陽と月の写真を「手持ち」で撮っています。太陽は減光フィルターを通しても結構なシャッター速度になりますが月の場合は「微ブレ」問題の発生すると言われるシャッター速度域に当てはまる1/250秒辺りを良く使うことになります。

確かに、ブレる写真を大量に生産していました。でもこれ、いわゆる「微ブレ」ではなくて「故障」でした。

修理にだして「修理された」のです。手ブレ補正機構の故障でした。

修理完了後はブレの写真は極端に減りました。

300mmでデジタルテレコンまで使って撮影していますので、35mm換算では1200mmの超望遠レンズを使って手持ちで撮るわけですから「ブレて当たり前」なところをそこそこの写真に仕上げてくれる手ブレ補正技術は相当なものだと思っています。

手持ち撮影可能な重量になっていることも見逃せません。BORGでも最近は重過ぎると思っているくらいです。

はい。ピクセル等倍で文句なんていいませんよ。

天体写真はその時でしか撮れない「観測」の側面があります。撮ってなんぼ、観測することに意義がある。極端にブレていると意味がないこともありますが、写っているだけで良い場合もあります。

作品としての写真も同じ、その時の光、景色、記録したいもの、それを写しとめるのが写真です。

モータードライブコントローラとモータをケースに組み込む2015年07月12日 23時19分41秒

モータを取り付ける加工をしたケースですが、一旦モータを外してコントローラ基板を取り付けるための加工を行います。

この加工の「キモ」は増速、逆転操作用のスイッチの穴と機能切り替え用のディップスイッチを外に出すための四角い穴を開けるところ。

その為に一枚部品を実装していない基板を使って「型」にします。


外側から基板取り付け穴を開けて一旦固定します。

基板を外してディップスイッチ部分の角穴を開けて改めてケースに取り付け。

型を使って穴の位置をマジックで線を引いて、その線に沿ってルータで小さな穴をたくさん開けます。

開けた穴の間をルータで削って大まかに穴を抜きます。

ヤスリ加工で整えたところ。

ケース加工が終わったのでケースに基板を取り付け。

ケース内側はまだ電源用のDCジャックは取り付けられていないところ。

DCジャック用穴開けも終わって、加工最終段階。

リモートスイッチ用のステレオジャックも取り付けて、ほぼ、完成。

仮の出来上がり。実はウォーム軸部分と連結するカプラ部分はかぶせただけで固定していません。
このモータードライブ自体はMARK-X赤道儀にそのまま取り付けられる物です。