短焦点ニュートン反射望遠鏡を衝動買い2015年08月28日 18時58分03秒

C90MAKとコンデジ(OLYMPUS XZ-2)で土星を撮ったのがきっかけになって、なぜかニュートン反射望遠鏡を物色し始めました。
そう、短焦点ではなく、普通の焦点距離のニュートン反射を物色していたのです。

ですが、いつの間にか昨今の安いニュートン反射に目が留まってしまったのが運の尽き。当初の目的も忘れて、また、「サマーセール」という言葉、特に「セール」に敏感に反応して協栄でぽちっていたのでした。
購入した短焦点ニュートン反射望遠鏡はSkyWatcher BKP130というもの。
口径130mm、焦点距離650mm、F5の望遠鏡です。

受け取って箱から出した状態です。
なかなか、しっかりしたつくりには見えます。

こんなものもアマゾンで購入。レーザーコリメータです。

思えば、私が中学の時に最初に買ってもらった天体望遠鏡もニュートン反射でした。ミザールH-85だったと思います。その時依頼のニュートン反射です。これまでは、シュミットカセグレンか屈折を主に使っていたので久しぶりに扱うことになります。

C90MAKとXZ-2で土星を狙う2015年08月03日 18時26分46秒

C90MAKとOLYMPUS XZ-2でコリメート撮影で土星をねらってみます。




使う道具はXZ-2とコリメート接続するためのCLA-12とビクセンのデジタルカメラアダプタ、ステップダウンリングです。XZ-2でコリメート撮影する場合はレンズに加重がかからないので良い感じです。


液晶画面ではこれくらいの感じで見えます。アイピースはLV7mmを使っているので1250mm/7mm ≒ 179倍です。

XZ-2側は望遠端(24mm)までズームしていますので、合成焦点距離は24mm X 179 = 4296mmになります。
35mm換算すると上記を4.6倍して19761.6mmになります。



撮って出しの1枚画像です。トリミングしています。



56枚の画像を加算平均合成などして画像処理した結果です。

XZ-2での惑星撮影の適性は高いと判断できますが、もっとちゃんとした写真を撮っている人もいますので今後の課題としておきます。

C90MAKをアイベルCD-1で使う2014年09月26日 20時51分08秒

大きな望遠鏡と大きながっちりした赤道儀で使うのは確実で、使い勝手が良いのは当たり前ですが、徒歩移動できるような機材にはなりません。

自宅のマンションのベランダの前には樹木が茂っており、南向きにも関わらずに星はほとんど見えないのです。

必然的に近所の川原まで徒歩で機材を運びたいのですが、まともな機材だと一回の運搬ではすまなくなります。

気楽に一回で徒歩運搬するための望遠鏡一式を検討しているという次第です。

そこでまず目をつけたのはセレストロンC90MAKという1250mmF13.9のマクストフカセグレン式の望遠鏡です。
ミニボーグも使っていますが、ミニボーグはどちらかといえば彗星、星雲、星団用の短焦点写真鏡で月、太陽、惑星を拡大して撮影する目的には適していません。
近所の空は明るいのでもともと彗星、星雲、星団などは対象とはなりません。

要するに、月、太陽、惑星用の徒歩移動運搬用望遠鏡一式として検討しているということです。

次に赤道儀です。MARK-X赤道儀は持っていますが、こちらもアルミバッグが必要で大げさになります。最低限、ソフト系のカメラバッグの類に収納できて欲しいのです。手持ちのアイベルCD-1がその目的にはぴったりでした。

最後に三脚。まともなカメラ用三脚は結構重くて高い。ビクセンHAL三脚も重過ぎです。そこでたまたま手に入れたビクセンミニポルタ経緯台の三脚をCD-1と組み合わせてみます。

以下の感じになりました。

使っている部品は鏡筒接続部分はベルボンプレシジョンレベラーです。赤緯方向の粗動ができますし、赤経方向の部分微動も可能です。


プレシジョンレベラーを1/4ボルトで止めている部分はユニテックのダブル雲台ベース。バランスウェイトシャフトはビクセンのガイドパックS用プレートのオプションのもので、バランスウェイト1kgも同様です。


ダブル雲台ベースはユニテックのテーパーアダプタとテーパーキャッチャーで取り付けています。

全体的には以下のようになります。OLYMPUSのミラーレス一眼なら直焦点撮影の負荷も少なくできます。
なお、バランスウェイトシャフトは特注の長いものに変えています。

荷物一式は以下のようになります。ミニポルタ経緯台の三脚はものすごく軽く、運搬の負担は少ないです。強度的にはもちろん十分ではありませんが、徒歩移動のメリット優先です。

五藤光学天体望遠鏡にBORG部品を取り付ける2014年09月26日 02時27分00秒

五藤光学の天体望遠鏡のドローチューブのメスネジがT42mmP0.75ということが分かったところで、BORG部品をケラレを最低限にして取り付けることができるようになります。

M42P0.75→M57AD(7528)でM57に変換後はいろいろと取り付けられます。光路長も最低限に抑えられます。
M57回転装置を取り付けることも問題なく出来るでしょう。
以下は0.85xDGレデューサ(7885)を取り付けてみました。

以下は35ミリレデューサ0.85X(7785)を取り付けてみました。見た目はレンズサイズより径が小さいのでケラレているようにも見えます。

ちなみに、テレコンバータDGはM42では入らないので取り付け不可です。

五藤光学天体望遠鏡ドローチューブは42mm0.75ピッチ2014年09月25日 21時35分18秒

五藤光学の古い天体望遠鏡の接眼部は24.5mmのスリ割りになっています。31.7mmのアメリカンサイズのアイピースや他のメーカのカメラアダプタなどをそのままでは取り付けることができないと言われていました。

このスリ割り接眼アダプタはドローチューブ側が36.5mmのネジになっており、一般的には36.5mm/36.4mmの変換アダプタを使って一旦、36.4mmの汎用的なメスネジに変換してアメリカンサイズのアイピース用アダプタや撮影用のアダプタを接続することが行われています。

実はこの36.5mmのメスネジの部品はドローチューブ側では42mm0.75ピッチのメスネジ、つまり、Tリングと同じピッチのネジ規格になっていることは意外と知られていません。

そこで、Tネジ(42mm0.75mmピッチネジ)のオスネジとオスネジが両端にあるアダプタが用意できればいろいろと応用が利くことになります。

ところがところが、、です。
肝心のTネジのオス-オスのアダプタは国内の天体望遠鏡関連のメーカやお店で扱っているところを見たことがありません。

でも実は私はなぜかそのような部品を持っていて、使っているのです。

以下は私が使っている五藤光学EDアポクロマート80mmF8.25の接眼部です。

ドローチューブに取り付けているのはTオス-Tオスのアダプタです。
アイピース取付部分の部品はビクセンの42T-31.7ADSX [接眼部アダプター]です。
私の場合はこの42T→31.7ADを半分位に金ノコで切断していますが、これは手持ちのアイピースと天頂プリズムとの組み合わせでピントが合わなかったからです。
そのような問題がなければわざわざ切断する必要はありません。




さて、出所が不明な部品の紹介をしても他の人の役には立ちませんので、国外で扱っているところがないか検索してみたところ、見つかりました。
ebayで注文して入手した部品が以下です。
「T42-T42 0.75mm Dual Male-Male Coupling Ring Adapter」という部品です。
いつまで在庫があるか分かりませんのでリンクは省略します。


出所不明の手持ちアダプタよりも肉厚が薄くてケラレは明らかに少ないでしょう。

新しく入手した物(左)と出所不明の物(右)


新しいアダプタをちょっとだけドローチューブにねじ込んだところ。

光路長も出所不明の手持ちのアダプタより短いです。

Tリングもそのまま取り付けられます。

冒頭の出所不明のアダプタよりも収まりが良いと思います。

このアダプタの応用としてはBORG部品も取り付けられるようになります
新しく入手した薄型のアダプタの寸法は概ね以下です。

内径

接合部の全体の厚み

光路長